New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

以前勤務していた会社は大阪に本社があるのですが

以前勤務していた会社は大阪に本社があるのですが、東京に支店があったので転勤の機会がありました。
ほんの2年だけの東京暮らしでしたが、今からすると長いような、それでいてあっという間のような期間だったようにおもえます。
東京暮らしに馴染んできたと実感しだしたのは、言葉が標準語になりだした時期からです。
いわゆる大阪弁というほどのなまりのある言葉を普段から使っているわけではありません。それでも東京で暮らしだすと、いっそう標準語になっていきました。
周囲の影響の大きさもあったのでしょうし、ひとりだけ浮かないようにしなければという自然な意思も働いていたことでしょう。
それから初めのころはどうしても関東風の食事の味付けに馴染むことができなかったのですが、毎日の食事となると特に意識をしなくなってきました。

しかし、やはり大阪に戻って来ると、関西の味付けのほうがふるさとの味だと認識するのは間違いありません。住めば都といいますが、暮らしだすと意外と慣れるものだと感じました。

お役立ち情報

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.