New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間といえば

東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間といえば、人それぞれだと思うのですが、私が短期ながら東京に滞在した時にも、自分で東京での生活に馴染んだと感じる瞬間がありました。

まずは、駅を利用する時に難なくスムーズに乗り降りが出来た時です。
というのも、私は普段地方の田舎に住んでいるので、こちらのローカル電車と、東京の都心部を走っている電車では大きな違いがあります。最初は駅の構内も広いため迷いがちで、人の流れに上手く合わせる事が出来なかったのですが、何度となく使っているうちに馴れてきました。
混んでいる時間帯に整列して乗車するのはマナーとして知っていましたが、実際にここまで整然としていたとは知らなかったので最初は驚きました。

また、東京はエスカレーターが関西とは逆なので、東京へ来てしばらくは意識しながら自分の位置を確認しつつ乗っていたのですが、こちらも回数をこなしているうちに、さりげなく立ち位置を間違えずに乗る事が出来るようになりました。

他には、関西では当然ながら人の話し声も関西弁が中心なのですが、東京では標準語なので最初は違和感があったのですが、こちらも東京で生活をして毎日聞いているうちにだんだん気にならなくなってきました。
そして、最後に、関西に戻った時にそれらの習慣がつい出てしまった瞬間、東京の暮らしに馴染んでいた事を強く感じました。
家族にも話し方が変わったと言われました。

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.