New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

私はしばらく仕事で東京にいたことがあるのですが

私はしばらく仕事で東京にいたことがあるのですが、自分が東京暮らしに馴染んだと感じた瞬間というと、深夜の呼び出しにも驚かなくなった点にそれを感じました。

最初の頃は、帰宅後に呼び出されることに非常に迷惑を感じていて、呼び出されるたびに憂鬱に感じていたものです。
自分が育った町では、21時以降には電話をかけるのもためらわれる様な風潮がありました。

だから最初に東京に来て、22時頃に「今みんなで飲んでいるからおいでよ」と言われたときには、非常識だ!とちょっと怒りも感じたほどでした。
あとはもう風呂入って寝るだけだったのに、お付き合いだからとしぶしぶ出かけていくと、みんな朝のように元気いっぱい。東京にいると時間の感覚が違うのかと不思議に思いました。

そういう生活が続くと、夜の電話も普通になり、こちらから誰かを誘うようにもなれました。
当初の戸惑いを思い出して、自分が東京の生活に馴染んだのだと妙な感慨を感じたものです。

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.