New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

東京暮らしに馴染んだと思った瞬間があります

東京暮らしに馴染んだと思った瞬間があります。それは東京の醤油ラーメンを食べることができるようになったときでした。

私の故郷は九州で、九州のラーメンはおなじみの豚骨ラーメンです。
スープの色は白で、東京に来るまではラーメンは全部豚骨とばかり思っていました。
初めて東京でラーメンを頼んだ時に、スープの色が黒いので驚きました。
私の知るラーメンではない、これはいったい何物なんだと思いました。
最初は半分も食べることができず、ほとんど残してしまいました。

実際のところ、東京の食事は私の口に会わず、唯一食べられるのがカレーだけで、ほとんど毎日カレーだけを食べて過ごしていたのです。
ようやく東京の生活に慣れて来て外出するようになり、全国チェーンの牛丼店やハンバーガーショップを見つけて食べることはできましたが、ラーメン店だけはなかなか寄れませんでした。
醤油ラーメンを食べられるようになったのは東京の友人ができた頃で、その人に本当にうまい東京ラーメンの店に連れて行ってもらったときのことです。
やっと東京暮らしに馴染んだ頃の出来事でした。

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.