New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

東京に馴染んだと思う瞬間は

東京に馴染んだと思う瞬間は、言葉の訛りがなくなり、回りの人に違和感がないな、感じたときです。
関西人が東京に行くと言葉がまったく違うので、回りの人が違和感を覚えているのがわかるのです。
それで東京人の喋り方を真似して、早く関西弁から抜け出そうと努力するようになるのです。

私の場合、言葉が東京人のしゃべり方になるまで、約2年程度掛かりました。
最初は関西弁丸出しなので、意味が通じない時がよくありました。
ちょっとしゃべっただけで、関西人だと言うのがすぐにわかるのです。
東京の人は関西弁を嫌う感じがあります。何を言っているかわからないからだと思います。それに柄が悪い感じを与えるから、敬遠されるようです。

それが東京に長くいると、自然と言葉が東京人のしゃべり方に似ていくのです。
そして数年もすると、普通に東京人のしゃべり方ができるようになるのです。
その頃には、回りの人も違和感を覚えず、こういう時に、ようやく東京人になれたなと思います。

お役立ち情報

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.