New Entry
このエントリーをはてなブックマークに追加
東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間

学校を卒業してから

学校を卒業してから、東京の会社に就職したので、故郷を離れ東京で念願の一人暮らしを始めましたが、最初の何年間かはどこか田舎者、みたいな気持ちが有って、すぐには東京の生活に馴染めませんでした。

友達もあまり出来なかったし、仕事が終わると家に直行って感じでした。

でも何年か住むと慣れてくるもので、東京でもたくさんの友人が出来て、遊びに行く機会も増えて来ました。
休みの日も、一人で人気のカフェにお茶しに行ったり出来るようになりました。

そんな時、私も東京暮らしに馴染んできているよね、と感じます。お盆や正月に田舎に帰ると、なんだか居心地が悪くて、遊びに行く所も無くて、早く東京に戻りたいなって思います。田舎の友人と話をする時でも、たまに関東弁が出るので、私も、もう東京の人間なのかなって感じます。
3年も住むと、東京の地理も交通機関も、全て頭に入っていて、一人でも、たいていアチコチ行けるし、田舎から親が遊びに来ても希望のお店に連れて行ってあげることができます。両親からも、もう東京の暮らしが板についているね、なんて言われます。

Copyright (C)2017東京暮らしに馴染んだと感じる瞬間.All rights reserved.